1. TOP
  2. 三線製作
  3. お客様注文
  4. 持込八重山黒檀の棹
  1. TOP
  2. 三線製作
  3. 持込八重山黒檀の棹

持込八重山黒檀の棹

  

お客様が持ち込まれた八重山黒檀です。

FM東京ラジオの収録の際、吉本多香美さんに持ってもらった

八重山黒檀の三線の

組み立て前の棹です。

貫禄のある黒木です

お客様が持ってきた八重山黒檀の原木を

江戸ユナ型で製作しました。(^^)

シラタ模様がきれい

この黒檀の芯とシラタのバランスが絶妙で

とてもよく響く三線となりました。

 

糸蔵の長い江戸ユナ

実はこの八重山黒檀の三線・・・

 

って、この風格なのに、これは

お孫さんにあげるそうです。

鳩胸から芯

なので、太鼓は人工上張りでいいとの事だったのですが

それでも驚くくらい響く響く!

これで本皮だったら

もっと黒檀のポテンシャルが引き出せるはず・・・

 

鳩胸のシラタ

ちょっと勿体ないなぁ・・・( ;∀;)

と思うのですが、学校の先生は驚くだろうな

こんな上等八重山黒檀の三線生徒が持っていったら(笑)

 

黒木の風格はさすが。

このよく響く三線、ラジオ収録のとき、鳴らしたのですが、

弦を張ったばかりですぐ音が弱くなってしまい

チンダミがおかしい事になっていたのは残念でしたが・・・(^^;

 

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。