1. TOP
  2. 三線製作
  3. お客様注文
  4. 江戸与那型三線
  1. TOP
  2. 三線製作
  3. 江戸与那型三線

江戸与那型三線

  

天の芯

持ち込み八重山黒檀のその後

前回の記事で紹介した

お客様が持ち込まれた八重山黒檀
粗削りしてみると

月の輪の部分にも芯があります

結構しっかり芯がっはいってるんです

野の部分もしっかり

野の部分は芯

八重山黒檀の芯、真黒(^^)

ただし、保存状態があまり良くなかったからか
虫食いが激しい( ;∀;)

これをしっかり補修しないと
響きに影響が出てきます。

虫食いは、これでもかっ!っていうくらい
しっかり裂くって行きます。

虫食いは裂くっていきます

裂くって、木の粉を埋め込んで・・・
これの繰り返し。

せっせと補修

手間がかかりますが、お客様の大事な八重山黒檀なので
しっかり、丁寧に作業を進めます。

削っていくと、いよいよ天の部分に

芯が出てきました。(^^)

天の芯

鳩胸部分も芯が出てきて

鳩胸の芯

これぞ八重山黒檀!という風格が増しに増して・・・

形が出来上がりました(^O^)

虫食い補修完了

江戸与那型です。
もう少し形を整えて、カラクイをあけて・・・

大切なブーアティーです。

それにしても、

こちらの人はまだまだ八重山黒檀を持ってる方がいらっしゃいます。

八重山黒檀は貴重さも相まってやはり人気ですが
でも、それに劣らず当工房で用意している黒ゆし木は安定して響きます。

先日、以前当工房に来られた際、目に留まったゆし木が忘れられないと
お越しくださった方がおりました。
そのくらいインパクトのある密度の濃い木なのです。

ただ・・・

まだ引っ越す前に見られたので
その木がどれであったかは結局わからなかったのですが(^^;

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。(^^)

八重山三線工房@石垣島 新城

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。