1. TOP
  2. その他紹介
  3. 黒木の活用

黒木の活用

  

DSC_0960

貴重な黒木は色々使えます。

八重山黒檀は貴重なため、棹に使えない部分でも無駄にはしません。(^^)
例えば節(枝落とし)の部分は
棹には使えないので
シラタ部分を削り落として
芯だけ削り出して

シラタ落として・・・

不思議なオブジェが出来るのです(笑)

不思議なものが・・・

棹を集中して作っていると
たまに息抜きで(?)
この様ななんとも言いがたいものを
せっせと作ったり(^^)

何が出来るのか・・・

でも不思議と黒木パワーなのか
なんかこれもあり!と思えるからすごい(笑)。

せっせと削り・・

この溝の部分は花器に使えるんじゃないだろうか!?
とか。
(例えば蘭を置くとか?)

 

花器!?

色々想像が掻き立てられます。(多分)

節の部分や根っこの部分は
いつも紹介している

黒木の三線立て

三線立て。
これも黒木の根っこや、棹として使えない部分の
シラタを落として黒木の芯で作ってます。

八重山黒檀の使いみちは計り知れません(・・・か?)

今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました。(^^)

八重山三線工房@石垣島 新城

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。