1. TOP
  2. 三線製作
  3. お客様注文
  4. 八重山黒檀・真壁型
  1. TOP
  2. 三線製作
  3. 八重山黒檀・真壁型

八重山黒檀・真壁型

  

芯の模様がきれい

どちらも八重山黒檀

お客様の八重山黒檀の三線
太鼓の皮張りが終わりまして
これから組立ます。

それにしても同じ黒檀とは思えない2丁。

どちらも真壁型ですが

個性的な2丁

1つはシラタに混ざった芯のウズラ模様が
とにかく綺麗(^^)

芯の模様がきれい

芯とシラタが混ざってるのではなく

野坂

芯に入る模様がウズラなのです。

猿尾

龍の鱗を表しているとも言われています。

もう一つは三線持ちの憧れ

ほぼ真っ黒芯

ど芯、真黒八重山黒檀棹です。

猿尾まで真っ黒

心の先、猿尾まで真っ黒芯。

若干

鳩胸

鳩胸と
天の部分にシラタはありますが

天裏

こんな立派な芯の棹は
そうそうお目にかかれません。

 

さて組立です。

白保の工房で作業すると漆に傷つくので

ここからは自宅で作業です。

これから組立

ティーガと組み紐をあえて派手に・・・

こんな感じ

お客様楽しみにしてて下さいね(^^)

レインボー

私が一番好きな『レインボー』ティーガと

レッドドラゴン

ドラゴン。

・・・って

 

 

『あがっ!』

ドラゴン逆でした(^^;

(頭が下向き・・・)

 

直しましたのでご安心を。

さて、これらかわいい黒檀三線は

明日引き渡しです(^^)/

今回も最後までお読み下さり

ありがとうございました。m(__)m

八重山三線工房@石垣島 新城

 

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。