1. TOP
  2. 三線製作
  3. お客様注文
  4. シラタの黒檀とは
  1. TOP
  2. 三線製作
  3. シラタの黒檀とは

シラタの黒檀とは

   |

鳩胸もシラタです。

またまた八重山黒檀のご紹介

お客様の三線2丁

どちらもまた個性的な八重山黒檀です。

八重山黒檀の三線

右の芯が多い方はお客様が原木を持ち込まれた

八重山黒檀

芯が上等な八重山黒檀

芯が綺麗に入ってます。

これは相当いい八重山黒檀、

人気の江戸与那型です。

天裏の模様

天裏も先から芯がアクセントの様に

際立っています。

鳩胸の模様

鳩胸の模様も綺麗です。

野の裏はウズラ模様。

しかもしっかり重厚感のある響き具合。

しかし、この三線、

模様も八重山黒檀の醍醐味を味わえ、

響きも上等なのですが

唯一、残念なのが

野坂も黒い

太鼓が人工皮張りな事・・・。

これ、元々持って来られた三線の

棹の作り替えだったのです。
そのもって来られた三線が

強化張りの太鼓で・・・。

話すと、太鼓を本皮に張り替える気は

ないとの事。

しかし、正直持参した太鼓なら

まだ人工の特上張りの方がいいからと
泣く泣くお勧めしたもので(^^;

やはりこれだけ上等な八重山黒檀は

本皮張りでこそそのポテンシャルを
充分に引き出せると思うのです。

 

八重山黒檀はシラタでも?!

もう一方、左の八重山黒檀はシラタだからと
店主が放置していたもの(^^;

でも工房にきたお客様に、お見せしたら
気に入っていただけて
仕上げる事に。

ところが仕上げてみると・・・

ほぼシラタの黒檀棹

 

型は真壁型ですが、

思いの他綺麗でびっくり!

しかもお客様、この天の模様が

自身の名前の頭文字
『H』に見えると大満足げ(^^)

野坂もシラタ

そして、黒い芯なんて

筋程度しかないのですが・・・。

またまた、びっくりするくらい響く!

筋程度の黒い芯

棹のひび割れはしっかり補修。
それもシラタの棹にいい感じの

アクセント

鳩胸もシラタです。

鳩胸もこんな感じでシラタなのですが。

さて、黒い芯材の八重山黒檀の棹に

負けない響きが出るとは、

どういう事でしょ。(^^)

 

実は、シラタでも、
芯がシラタだったりもします。
芯がシラタの場合、
それは真っ黒の芯に近いくらい
響く可能性があるのです。

 

八重山黒檀、

本当に作ってみないと何ともいえない
奥の深い島材です。

この棹はたなぼた、とまでは言いませんが

大変貴重な1丁となりました。(*^-^*)

今回も最後までお読み

ありがとうございます。m(__)m

八重山三線工房@石垣島 新城

 

コメント

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。